おぐら屋さんの木彫十二支

0

    おぐら屋さんは、鳥取県東部の岩美郡岩井で、木彫の十二支の郷土玩具を作られています。

     

    来年の干支、戌(いぬ)の目の絵付けを実演して下さる鳥取県の伝統工芸士、小椋愛子さん。
    目は、息をとめて集中して入れられるそうです。
     

    今年の干支の酉(とり)と十二支。

     

    何とも魅力的な、可愛らしい表情の酉(とり)です。

     

    すでに来年の干支の戌(いぬ)を製作されています。
    製作途中の戌と、完成された戌。
    一つ一つ手作りのため、微妙に表情が違います。

     

    乾燥させたエゴの木をろくろで挽き、そのパーツを組み合わせ、
    胡粉を膠でといて下地を塗り、泥絵の具を調合して絵付けをして作られます。

     

    お店と工房。
    横に立てかけられているのは、エゴの木です。

     

    お問合せ
    おぐら屋
    住所:鳥取県岩美郡岩井319
    電話:0857−72−0520