弓浜絣 南家織物のご紹介

0

    弓浜絣は、江戸時代より鳥取県西部の弓ヶ浜半島で織り継がれています。

     

    今回は、南家織物さんの工房におうかがいしました。

     

    がま口クラッチバックと手提げバック。口金を外して、洗濯することも可能です。

    南家さんご自身で、縫製もされたそうです。

     

     

    伝統的な蝶の模様を用い、アレンジを加えられた柄。

    こちらは、Tシャツに仕立てられていました。

     

    因幡の白兎の絵絣。

     

     

    詳しくはこちら!:鳥取県弓浜絣共同組合

    とっとりの手仕事:南家織物

     

     


    眞名焼(眞名かいろうの里)のご紹介

    0

      眞名焼(まなやき)は、鳥取県東部の岩美郡で、難波 勲(なんば いさお)さんが地元の粘土を用いて、

      上薬を使わず作られる、焼締めの陶器です。

       

       

      難波さんは、原野を開墾し、窯小屋、窯、庭園などをご自身で築かれました。
      焼物をきっかけに自然を五感で感じて欲しい…との思いから、様々な発見や出会いの場になればと、
      かけ橋の意味を込め、この地を眞名かいろうの里″と名付けられています。

       

      囲炉裏のある展示スペース。壁の絵も難波さんの作品です。

       

      窯の様子。大量の薪は、一回の窯炊きで全て使われるそうです。

       

      ランプシェードや、大壷など。台座や棚もご自身作。

       

      ぐい吞み、徳利など。

       

      趣ある大壺。そのままかざっても、枝ものなどをダイナミックに活けても…。

       

      湯呑。炎のあたり方や、灰のかかり方で、一つ一つ風合いが異なります。

       

      盆栽にも。自然の緑がよく合います。

       

      オブジェなども展示され、木漏れ日が心地よい庭園。

       

       

      眞名焼(眞名かいろうの里)   ※陶芸教室もあります。(要 電話予約)
      住所:鳥取県岩美郡岩美町真名1064-2
      電話:0857-26-2367

       

      岩美町観光協会:眞名焼


      手しごとギャラリーkaike のご紹介

      0

        米子市皆生温泉にある "手しごとギャラリーkaike" は、
        山陰(鳥取・島根)の作り手の方々の作品を展示販売されています。

         

        お訪ねした際は、「山陰青色展」の開催中で、藍染作品や、陶器、アクセサリーなど、
        青色のものを中心に展示され、店内は爽やかなブルーに包まれていました。

         

        陶工房 Ashworkさんの器

         

        玄瑞窯さんの器    村穂さんのコースター

         

        他にも、地元の郷土玩具や陶器、木工品、染織品、アクセサリーなどが展示販売されています。

        倉吉イカ(凧) スミ屋さんの土人形 弓浜絣 白谷工房の寄木細工の小物 など

         

        わくわく工房さんの木皿など

         

        カエル工房さんのブローチなど

         

        今後も、企画展や、様々なワークショップなども予定されています。

         

        手しごとギャラリーkaike
        住所:鳥取県米子市皆生温泉3−1−1
        電話:0859−34−2898


        岸田手袋手袋靴下製造所の「5本指あしぶくろ」 新色出ました!

        0

           

           

          岸田手袋手袋靴下製造所では、「メイドイン鳥取」にこだわり、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に

          ニット織製品を製造しています。

          この5本指あしぶくろは、土踏まずにフィットして、とっても履き心地が良いです。

          この度、カラフルな新色が出ました。

          世界に一つだけのカラーで、個性をアピールできますよ!

           

          お問合せ

          岸田手袋手袋靴下製造所

          住所:鳥取県鳥取市用瀬町別府361
          電話:0858-87-3009


          おぐら屋さんの木彫十二支

          0

            おぐら屋さんは、鳥取県東部の岩美郡岩井で、木彫の十二支の郷土玩具を作られています。

             

            来年の干支、戌(いぬ)の目の絵付けを実演して下さる鳥取県の伝統工芸士、小椋愛子さん。
            目は、息をとめて集中して入れられるそうです。
             

            今年の干支の酉(とり)と十二支。

             

            何とも魅力的な、可愛らしい表情の酉(とり)です。

             

            すでに来年の干支の戌(いぬ)を製作されています。
            製作途中の戌と、完成された戌。
            一つ一つ手作りのため、微妙に表情が違います。

             

            乾燥させたエゴの木をろくろで挽き、そのパーツを組み合わせ、
            胡粉を膠でといて下地を塗り、泥絵の具を調合して絵付けをして作られます。

             

            お店と工房。
            横に立てかけられているのは、エゴの木です。

             

            お問合せ
            おぐら屋
            住所:鳥取県岩美郡岩井319
            電話:0857−72−0520


            saon 大家具子さんのガラス

            0

              梅雨の蒸し暑い季節、涼やかなガラスの器を紹介させていただきます。

              鳥取県倉吉市のガラス作家、大家具子さんのガラスの器です。

               

               

              窓から入る光をうけて、ガラスがよりいっそう透き通り、きらりと光って見えます。

               

                

               

              シンプルで美しく、生活の中にすっと溶け込むような大家さんのガラス。
              これからの季節、サラダやデザート、冷製パスタなどにも合いそうです。

               

              お問合せ

              saon

              住所:鳥取県倉吉市魚町2521−1F
              電話:0858−38−9023


              | 1/3PAGES | >>